トップの釣りは面白い。

0822-PB-tsuchiana-b


基本的に水面に浮くタイププラグだからバイトシーンが見える。
そして基本的にタダ巻きではなく自分でアクションを入れるマニュアル操作の釣りだ。

その醍醐味はわかるんだけど

どうやって使うの?
どんな時に釣れるの?

ってことがわからない人が多いみたいだからを書いてみようかな。


使い方や効くシュチュエーションっていうのはルアーによって違う。
せっかくだから前回オススメしたプガチョフの使い方を。

プガチョフの特徴
ロッドをチョンチョンと動かすだけでキレッキレのドッグウォークをしてくれる。

夏場にイナっ子へのボイルを繰り返す汽水域のシーバスなんかには最高に効く。

あとよく使うのが小規模運河の際で巻かずにちょんちょん。

これ楽しいよ。


イメージで言うとキャストが横の釣り、岸ジギが縦の釣り、プガチョフ巻かないでちょんちょんが点の釣り。

巻かないって表現はちと誤解されそうだけど、巻いて点に持っていく、もしくは流す。
そこでちょんちょん、、ちょんガボ
ってイメージ。

瀕死の魚が水面近くを流れて最後の力を振り絞って動いた瞬間にリアクションバイトを誘うってやりかた。



で、このプガチョフ、ケツの沈み具合が絶妙なのよ。
他のトップと一緒に風呂にでも沈めて見比べて見てほしいんだけどこのケツの沈み具合をうまく使ってやるのが、プガチョフでより沢山釣るコツ。

チョン チョンと動かすとき
ストップした時に並行姿勢のルアーが垂直に近い状態になる。

食わせの間でケツをしっかり落とすのが大事。
↑これ意識してみて。

これからの時期だと干潟のデイゲームや朝マズメの港湾デイゲーム、河川の夕まずめなんかで使えると思う。

楽しいトップウォーターライフをすごしてください。


img63303245

http://item.rakuten.co.jp/tsuribitokan/4539625008833/



------------------------
更新の励みになります。
1日1クリックして頂けるとうれしいです。

にほんブログ村 釣りブログへ 

fimoでは見れないブログランキングです。

------------------------ 
 
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム