日記ってのは見返した時が面白いってもんだ。


fimoで釣行記を書いてる人の理由は様々だろうけど、釣行データを取りたい人は



ウダウダ、カッコつけてパターンの解説やうんちく語る前に、潮と風とベイトをメモしておけ。



日記を見返した時に、


「ここで釣れたな~」


「あのルアーで釣れたな~」


「このポイント調子いいな~」


「このポイント調子悪くなってきたな~」


なんて事だけじゃ足りない。
というか、もったいない。




その3つの情報こそが過去を振り返った時に大切になる。


この時期ここは調子がいい。

大体3回の潮回りで調子が悪くなる。

ここのポイントが調子悪くなると次はあのポイントが調子良くなる。

この風向きだとこのポイントよりあのポイントがいい。

ってのがよりわかる。

正確にはまだまだ得られる情報はあるんだけど、とりあえず初心者の人はここまで把握できればOK。



ちなみにオススメのタイドグラフツール

http://www.fishing-labo.net/modules/pico/content0018.html

無料で高性能。とりあえずコレで十分。




初心者の人こそこのデータ記録してみて。

すぐには約に立たないかもだけど、数年後にとっても約に立つよ。

------------------------
更新の励みになります。
1日1クリックして頂けるとうれしいです。

にほんブログ村 釣りブログへ 

fimoでは見れないブログランキングです。

------------------------ 
 
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム