質問がありましたので番外編。

レンジキープとレンジの刻み方。

まずはレンジキープ。
鉄板バイブを使ってると思って読むとわかりやすいかな。

まず単純に着水からのカウントダウンでスタートのレンジが決まるよね

次が大事でリトリーブ速度では無く、巻き抵抗とティップの角度。

ルアーは基本的にルアーのある位置からテップに向かって泳いでくる。

どの引き抵抗、どのティップの位置(角度)なら浮き上がらないか。または浮き上がるかを考えてやってみて。

ちなみに湾バイブとか爆岸バイブとかアイが2つある鉄板は

フロントアイは
ルアーのバタ付きが弱い=抵抗を受けにくい=浮き上がりやすい。

リアアイだと
バタ付きが強い=抵抗を受けやすい=浮き上がりにくい。

深場(川崎新堤)だと50m先のボトムから1mのレンジを鉄板の高速リトリーブでずっと引いて来ることは無理だよね。

じゃあ1m以内のレンジはどう責めるのか?
って時にブレードやワームが使われる事が多い。

鉄板で攻めることもできるんだけど、リアクションがメインになっちゃう。
この辺の詳しいことは川崎新堤攻略 テクニック辺をみてね。

どおかな?
なんとなくつたわったかな?

わかるまで質問どうぞ。

------------------------
更新の励みになります。
1日1クリックして頂けるとうれしいです。

にほんブログ村 釣りブログへ 

fimoでは見れないブログランキングです。

------------------------ 
 
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム