ご質問頂いたので少し書こうかな。

この岸壁メタルマル。
何故メタルマルじゃなきゃいけないのか。

metalmaru


同じやり方でメタルジグでもいいんじゃない?
ブレードルアーでもいいんじゃない?

というお声を頂きました。


たしかにメタルジグ、ブレードでもこの釣りは成立する。
むしろメタルジグが答えの時、ブレードが答えの時というのも存在する。


それと同時にメタルマルが答えの時がある。
要な引き出しの問題だと思ってもらえればいい。


メタルジグで行う岸ジギの場合、俺の経験上8:2の確率でバイトはフォール中に偏る。


さらに言えば8割中7割はフリーフォール中だ。
ここがミソ。


メタルジグを連続トゥイッチでしゃくりあげてテンションフォールこの場合、
テンションが掛かった瞬間にシーバスはほぼ見切る。


要はスピニングではこの釣りを成立されるのは難しい。


それに比べ岸壁メタルマルではテンションフォールでバイトを出すことができる。
むしろフリーフォールではなく、しっかりテンションフォールの方がバイトがでる。
これは実際にメタルマルを足元でテンションフォールさせてもらえればわかると思うんだけど、フォール姿勢の問題。

連続トゥイッチでしゃくりあげてテンションフォール
メタルジグとメタルマルの差はこのテンションフォールにした瞬間に魚に見切られるか見切られないかの差だと思ってもらえればいい。


じゃあブレードルアーでもいいんじゃない?


その通り。
連続トゥイッチでしゃくりあげてテンションフォール
ブレードルアーでもシーバスに見切られないフォール姿勢でフォールさせる事ができる

ではなんでメタルマルなのか?

それには2つ理由があって、

ひとつはダート。
ブレードでは出せないダートアクションを出すことができる。
大野ゆうきが言う、モンキーバイブの3Dダートをイメージしてもらうといいかも。
このアクションはメタルジグ、ブレードでは出せない。

もうひとつは、フォール姿勢と速度。
エギングをやる人はわかると思うがフォール姿勢というのはフォール中にバイトさせるにはすごく重要な要素。
 
さらにメタルマルについている小型のブレードでのフラッシング。

メタルジグ、ブレードベイト、モンキーロックの3Dダートのいいとこ取りをしたような釣り方なのだ。

最初にも書いたが、この岸壁メタルマルが絶対に釣れる。という事はありえない。
ただ、専用のタックルもいらず、水深も選ばず(とはいっても2~10mくらいまでかな)に責めることができるのでシーバスを釣るための引き出しの1つとして頭の片隅に入れておいていただければ損はしないと思う。


こんなんで大丈夫かな?

metalmaru_4

メタルマル
http://item.rakuten.co.jp/superbush/4580130739514/

 


更新の励みになります。1日1クリックして頂けるとうれしいです。

にほんブログ村 釣りブログへ 

fimoでは見れないブログランキングです。

某プロブログ TOPへ戻る

アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム