せっかくなんでコツというかポイントを。

まずはダートのさせ方。


ダート系のルアー全てにおいて言える事なんだけどしゃくりは3回以上入れること。


一回目のしゃくりは助走

二回目のしゃくりはスタート

三回目のしゃくりでようやくダートだ。

ラインスラッグを意識してまずは足元で動きの確認をするといい。

遠目、深い場合は気持ち強めにしゃくって逆に手前は優しめで。


ダートは以上。


次はラインシステム。
ラインは最低0.8で。
フォール姿勢が安定する。

ラインはこれだけ気を使ってあげればok

バイトゾーンについて

シーバスのいるレンジとシーバスがバイトしてくるレンジは違う。

これを意識して欲しい。

基本的にシーバスのいるレンジよりも上のレンジでバイトしてくる。

見切られる=カラーやアクションがあって居ない

これも一理あるが、シーバスがバイトしたいゾーンでルアーを見せられていない。

これも意識してみて欲しい。


使用グラムについて
水深でグラムを決めるのではなく、流れの強さで決めて欲しい。

流れが弱ければ13。
流れが強ければ19。

28だとフォールが早すぎてちとこの釣りにはむかないかも。

俺は水深が10mでも極力13を使う。
キワのボトムに落とし込むのは着水点とラインで調整してあげればよし。


書いたこと全て、岸壁メタルマルに限った事ではないがこれを意識すればバイトの数は必ず増えるはずだ。

試してみてね。



更新の励みになります。1日1クリックして頂けるとうれしいです。

にほんブログ村 釣りブログへ 

fimoでは見れないブログランキングです。

某プロブログ TOPへ戻る

アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム