どうも釣りメーカー、釣具屋ってのは頭が固い方が多い気がする。

例えば先日行われたS-1GP。

rkt889wjry26cgbuxm8r-a1334bbb


これは釣り業界、シーバス業界のお祭りのようなもの。
釣具屋、釣りメーカーが出費しシーバスアングラーの皆さんに楽しんでもらう。

今回のS-1GPで言えばキャスティングが主催。
各ブースを出していたメーカーが協賛という事になる。

メーカーはキャスティングに場代を支払う代わりに自社製品の宣伝や販売を行うことができる。
正直今の時代、10年前と同じような販促活動をしているメーカーは勿体無い。というか金の無駄。

新製品の宣伝をして当たり前。
アウトレット品の販売をして当たり前。
開発者などが開発秘話や使用方法を説明するのは当たり前。


行ってないから詳しくはわからないけど、この3つしか行っていないメーカーが殆どじゃない?

勿体無さすぎる。

うちはユーザーとコミニュケーションを取って信頼関係を築ければいいんだ。
というメーカーがあったらそのメーカーの今後は危うい。

ユーザーの信頼感を得るならもっと企業努力をするべきだと俺は思う。

・アンケートの実施

・試供品の提供

最低限この2つは行うべきだ。


アンケートに関してはその起業がほしい情報を単純にヒアリングし、今後の開発やマーケット調査に活かせばいい。
ユーザーの声を聞かなければユーザーの需要には答えられない。
回答者を増やすためには何かプレゼントなどを提供すれば良い。

ペン


試供品の提供
これに関しては安く提供する。
でも構わない。

これからの季節ランカーが沢山釣れる季節。
ランカーを釣ったルアーというのはその人の心に残りやすい。
その心に残るルアーを自社のルアーにさせる!
というのはある程度の経費を使っても見返りがあるものでは無いだろうか。

ZAIM CAFE COUNTDOWN LIVE 画像③


で、この2つにおける、アンケートのお礼や、試供品についてなのだが、よくショボイロッドベルトやタオルを配ってるメーカー居ない?
俺もマリアのハンドタオルとかキャスティングのしょぼいロッドベルトが家にあったな。

せっかく金使って用意するならもっといい物を用意しようよ。
ユーザーが貰って嬉しいもの、そしてブログに露出してくれそうな物だといいね。


たとえばコレ

tpc89608-1


販売価格は2000~3000円くらいが相場だろうけど原価で言えば数百円だ。
けどコレ、ぶつ持ちした時によく写真に映り込むよね。

あとはグローブとかもいいね。
これからの季節、貰って困るものではないし、これもよくブログに映り込むよね。

o0480064012555310531_350


あとはこういうの。

77322802_o2

 
昔、とある釣具屋で見つけて愛用してるんだけどこういうのを提供するメーカーって環境問題もしっかり考えているんだなって好印象をもてる。


上の灰皿に習って、ラインやワームのゴミを入れられる袋とかもいいね。
ライフジャケットやバックに簡単に装着できて、給食袋とペットボトルホルダーが合体したような形の袋。
ってかコレって景品とかって前に結構需要あるんじゃない?
このアイディア使いたいってメーカーさん。一緒に開発しません?

612x460_wlimited

item_img487_m_t



アイディア次第で色々な事ができるのも、S-1GPの様なネットの世界ではなく、リアルでのイベントならでは。

他には当日の大会でウエインしたルアーが当社のルアーだったらルアープレゼント!
某SNS会員の方には限定アイテムプレゼント!

色々できるよね。

次のイベントは各社もっと成長して、もっといいイベントにし、シーバス業界を盛り上げてもらいたいと思う。





更新の励みになります。1日1クリックして頂けるとうれしいです。

にほんブログ村 釣りブログへ 

fimoでは見れないブログランキングです。

某プロブログ TOPへ戻る



アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム