バチ抜け。
そろそろだね。

bch


バチ抜けシーズン、初心者の人は是非通いこんでもらいたい。

シーバス釣りの醍醐味である、ドリフト、レンジ調整、引き、ファイトをぞん分楽しめるシーズンだ。数もでるしね。




簡単に釣れる。
とよく言われるパターンだけど、しっかりと意識しないと全く釣れない事もある。
隣は爆釣、俺ボウズ。
みたいな事だってよくあるのがバチ抜けシーバスだ。

初心者向けの記事になるが、これから説明する3つの大事なことを意識すればかなり簡単に釣ることができる。
はじめてバチシーズンを向かえる人達は是非読んでおいて欲しい。


1.ポイントの選定。
8877587


バチ抜けシーズン、どのポイントでバチが抜けるのか。
またはバチを意識したシーバスが回遊するのか。
という事を把握するのが一番の大事。

ポイントを知らない。
という人はバチが抜けそうなポイントを探すことから始めよう。

基本的に秋の荒食いシーバスが釣れるポイントと被る。




2.時合いを合わせよう
20150215_2809_03_J3zgakEL


バチ抜けの釣りは"時合い"が存在する。
基本的には満潮から2~3時間前後。
その時間をはずなさいように意識すること。



3.レンジをしっかり意識すること。
コレが初心者の人は意識していない人が多い。

初心者はまず、水中を5分割にするといい。
こんな感じ。


これはバチの釣りに限った事ではないんだが、レンジを意識して釣りを組み立てる時によく用いる考え方。

1.水面
2・水面より下、中層より上
3・中層
4.中層より下、ボトムより上
5.ボトム

こういった感じで区切って、上から順にルアーを通していき、その日の当たりレンジを探していく。


ボイルがあるから1のラインを攻め続ける。
目視で生命感が感じられないから1のラインは攻めない。

これは両方とも間違い。
人間が目視で得られる情報というのは水中のほんの一部の状況でしかない。


ボイルがあっても3,4,5の中層より下のレンジでしか食わない時もあれば、生命感が感じられなくても、表層でしか食わない時もある。

どんな状況においても最低、この5つのレンジを網羅するようにルアーローテーションを、レンジ調整を行うように。


皆が持ってそうでレンジ別オススメルアーは

1.水面

2・水面より下中層より上

3・中層

4.中層より下ボトムより上

5.ボトム


最終兵器はこれ。

berkley_floating_

ガルプ フローティングファット サンドワーム

ガルプなんだけどバチ用にフローティング仕様になっている超反則ワーム。
お子さんに釣らせてあげたいときなどにどうぞ。 




あとは飛距離がどうしても欲しいって時はこれがあるといい。

軽く投げても60mは飛んで行く。
周りが攻めきれない場所をどうしても攻めたいときにどうぞ。



長くなったから一旦このへんで。

とりあえず

ポイント、時合い、レンジ!

この3つはしっかり意識するように。
続きは気が向いたら。





更新の励みになります。1日1クリックして頂けるとうれしいです。

にほんブログ村 釣りブログへ  

fimoでは見れないブログランキングです。

某プロブログ TOPへ戻る

 

アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム