マグシールド


イグジスト、カルディア(共にマグシールド)を使って答えが出た。

マグシールド、要らないわ。




今までにリールをぶっ壊したり、部品無くしたり、あらゆるサイトを回り勉強と実践を繰り返して取得した、リールのセルフメンテナンス能力。


目の前に調子の悪くなったリールがある。

工具も知識もある。

けど、開けられない。



なんなのこのもどかしさ。

中学生が家で1人でAV見放題なのに絶対にしてはならない。という天国なのに地獄にいるような感覚と同じ。

メンテナンスフリー!?
なんだそのわけらからん唄い文句。

調べてみたら出てきた。


長いから、大事なとこだけ抜粋。

「マグシールド」搭載のリールは、入念なメンテナンスは必要ない。高い防水性能があるので、リール内部に水や塩などが入り込みにくくなっていますからね。基本的に日常のメンテナンスは水洗いさえしていただければ大丈夫なんです。

ただ状況に応じて異なるので、年1回はオーバーオールをしていただければ、結果的に安心だと思います。


同じ文章内でメンテナンスは必要ないといいつつも、年に一回オーバホールを推奨するってどういう意味だ。

こうやって書くと、マグシールドの性能に不満があるように聞こえるかもしれないが、俺が言いたいのはそうではない。

目の前にある調子の悪くなったリールを自分で整備出来ない事に不満を感じているのだ。

ハイエンドモデルはオーバーホールに出してもいいと思ってるのだが、カルディアレベルのリールなら、自分で分解して自分でメンテナンスしたいのだ。

壊してしまう可能性も0ではないが、分解して調子の悪い原因を探したり、普段のメンテナンスでは放ったらかしにしている細かい部分まで自分で手入れしたいのだ。

その楽しみを奪われた感じがして何だか悲しい気分。

人それぞれなのだろうが、セルフメンテナンス派の人にとってはデメリットもある。って事。

いいリールなだけに、勿体無い。











fimoでは見れない釣りブログが沢山あります。
にほんブログ村 釣りブログへ 


買い物は平日に通販。休日は釣りへ!

おすすめネットサービス

楽天市場

ナチュラム

釣り具高く売れる.com

爆釣速報

某プロブログ TOPへ戻る


LINE




アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム