今日は禁断のメタルジグ無限にコピーしてしまう方法を紹介してみようと思う。

oceanstely_top2


そもそもメタルジグって?

 ご存知の通り、メタルジグとは金属でできたルアーである。


他のルアーに比べ比重が大きく、風や水中で受ける抵抗が少ない。

製造方法も、他のルアーよりも構造が簡単だ。

型にアイを入れ金属を流し込む。
といった流れの為、他のルアーに比べ値段もお手頃のものがおおい。



飛距離が高い
フォール速度が早い
安い

という特徴を持ったルアーだ。



おすすめメタルジグ

無限コピー方法を紹介する前に俺のオススメのメタルジグを紹介してみようと思う。

ムーチョルチア
tpc157011-1
http://item.rakuten.co.jp/point/4510001552102/

マリアから販売されている、ムーチョルチア。
このメタルジグはキャストで使うことが多いのだが、シーバス以外のフィッシュイーターにもすごく反応がいい。




ゼッタイ
img-02
http://item.rakuten.co.jp/naturum/2553880/


コアマン社から発売されているメタルジグ。
岸壁ジギングでの実績が高い。

独特の形状によりフリーフォールさせた時のアクションが唯一無二。
稲妻のようなスライドアクションにより、「落とすだけで食ってくる」素晴らしいルアーだ。



シーライドミニ
00af2c39-s
http://item.rakuten.co.jp/bluepeter/10032745/

ブルーブルー社から発売されている、シーライド。
嫌いなメーカーだが、シーライドシリーズのミニ、「シーライドミニ」はかなり素晴らしい。

デイでもナイトでも使うことができライトルアーゲームではかなりの実績がある。
メタルジグでは無いが、メタルマルとシーライドミニを持っていればライトルアーゲームはばっちり楽しめる。


次のページでメタルジグのコピー方法を紹介。




メタルジグ製作手順

コピー方法の前にまずはメタルジグの製作方法を簡単に説明。

 1.原型の作成
まずは量産する前にメタルジグの型を作る作業を行う。
市販されるメタルジグなどは、この工程が一番大変。
テストを繰り返し、量産させるための原型を用意する。

2.型作り
テストを繰り返し、完成させた原型を元に型を作る。

3.アイの作成
メタルジグは基本的に2つのパーツで成り立っている。
「金属部分」と「アイ」だ。
そのひとつのパーツ「アイ」を作っておく必要がある。

4.金属を流し込む
作った型にアイを配置し金属を流し込む。
そして金属が固まるのを待てばほぼ完成

5.仕上げ
金属が固まったら、バリをとり、カラーを載せればメタルジグの完成だ。


メタルジグを量産してみよう

ここまで読めば、メタルジグの作成方法は理解できたと思う。

しかし、一般人が壁に感じるのが「型作り」と「金属の流し込み」だ。
しかし、これは難しい作業ではない。

粘土、ブロック、シリコン、硬化剤があれば簡単に型を作ることが可能だ。

型



金属を溶かして流しこむという作業も実は簡単。
鉛を熱するだけだ。

20080512152536
煙は吸い込まないように気をつけてね。



あとは溶けた鉛を作成した型に流し込むだけ。


原型は既存のメタルジグを使えば、同じ形のメタルジグが量産できるという事。
同じ容量でブレードベイトも簡単に作成することができる。

湾ベイトやパワーブレードも無限に量産が可能。

オリジナルの原型で作れば、オリジナルルアーだって簡単に作ることができる。


型を作るのに必要な材料は楽天とかでそれぞれ探せば簡単に手に入るが、よくわからない。
という人はスターターセットがオススメ。

メタルジグ スターターセット
http://raiga.gear-lab.com/index.html
セットで1万円位だ。



楽天で揃える

もっとやすく済ませたいという人は、楽天で買うのが一番いい。


耐熱シリコン&硬化剤
硬化剤付きで耐熱性に優れている。
もう少し高価なものもいくつか試したが全く差を感じられなかったのでこれに落ち着いている。


粘土
意外とケチらないほうが良いのが粘土。
型を作成するときに、気泡が入ったり、型がキチンと取れないと後の工程全てが台無しになってしまうので、粘土にはこだわるべき。


型とりブロック
型とりブロックはなんでもいい。
とりあえずこれで問題ない。


この3つがあればとりあえず型は作成できる。
楽天で揃えれば4000円くらいか。


あとは鉛だけど、ナスオモリとかでも溶かしておけばいい。
そうすることで5000円くらいで相当数のメタルジグを量産することができる。


パワーブレドなども量産できるので、学生などにはオススメ。


注意事項

市販の物をコピーしてそれを売ったりするとあんまりよろしくない。

あと、気をつけて欲しいのは、鉛を溶かす時と、流しこむ時。
この作業を行う時は換気とやけどに十分注意して行ってね。



まとめ

こんな感じで、メタルジグやブレードベイトは量産したり、自作することが可能。
お気に入りのメタルジグをコピーするもよし、品薄のメタルジグをストックしておくもよし。

5000円でできるルアー増殖方法だから、学生の人などは、暇があったら試してみてね。


■Facebookにいいね




■某プロ「メルマガ
5849b559
会員数2000人突破!
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム