1113
http://suspendmasa.naturum.ne.jp/e1143889.html 

このタイプのロッドベルト使ってる人多いと思うんだけど、このタイプのベルトだと、ただ束ねてるだけで、大事なところをこれっぽっちも守れてないのはご存知だろうか。

ご想像の通り、ロッドというのはとても繊細。そして先端に近づくにつれ繊細度は増していく。

ティップ、トップガイドなんてのはロッドの弱点といってもいいほど、一番弱い部分だ。


特になにもしてないけど、ティップが折れてしまった。というケースの殆どは、劣化よりも不意に倒してしまったり衝撃が加えられた時に目に見えない傷やダメージがロッドに残ってしまい、キャスト時の負荷に耐えきれず折れてしまうパターンが多い。(経験がある方も多いかと)

ロッドはフィールドで使用している時以上に保管している時、移動する時に不用意なダメージを与えないようにきをつけてあげなければいけない。

このタイプのロッドベルトではティップ分もトップガイドも全く守れないのである。

1113
http://suspendmasa.naturum.ne.jp/e1143889.html 



車でロッドを移動させる時の注意


車内天井に装着するロッドホルダータイプやシートに直置きや立てかけて置く場合がほとんどだと思うが、車というのは走行中、振動が凄くロッドへの負荷も掛かっている。

ティップなどをしっかり守ることも大切だが、置き方なども気をつけないければいけない。



バイク・自転車でロッドを移動させる時の注意

まず第一は交通事故に気をつけること。
その次に注意したいのが飛び石。

小さな石が飛んで来ることって結構ある。

横を走っていた車のタイヤが弾いた石がティップに直撃すれば、タダではすまない。

安いロッドならともかく高級ロッドならば移動時のトラブルをしっかり対策する必要がある。


ベルトではなくカバーを

この記事で言いたいことはティップ部分は、ベルトではなくカバーをしようということ。

o0300030012447807176


今までこのシマノのティップカバーを使っていたんだけど、さらに便利なアイテムが登場していた。

それがコチラ

002-99815


ロッドトップガード
http://search.rakuten.co.jp/search/ロッドトップガード/


クッションもしっかりしていて、ベルトも2箇所ついているのでしっかり固定することができる。
さらに今までのものより長くなったので、トップ下の第二ガイド、物によっては第三ガイドも保護することが可能。


しかもお値段たったの1400円。
なかなかリアル店舗で見なかったので存在自体に気が付かなかったけど、ネットではかなり品薄状態みたい。


楽天だと在庫わずかのところがほとんど

在庫を確認する

ロッドと色を合わせると黒なんだけど、意外と白がオススメ。
カバーとロッドの色がハッキリ別れるので視認性がアップしてしっかりカバーを装着することが可能。

この前ひとつ買ってみてかなりよかったので、現在全ロッド分を取り寄せ中。

保管、移動、などに大活躍のティップカバー。
全てのアングラーにオススメです。


■Facebookにいいね




■某プロ「メルマガ
5849b559
会員数4000人突破!


アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム