数年前に比べ語られることが増えてきた水辺のごみ問題。

o0600040013941810326
http://www.spot.ph/arts-culture/art-exhibits/70126/greenpeace-philippines-whale-installation-a00171-20170511

こちらの写真は実際に人間が海に捨てたゴミで命を落としてしまったクジラを、実際に海に捨てられていたプラスティックゴミだけで作成されたものです。

ペットボトル、ルアーのパッケージ、タバコのビニール、おにぎりや弁当の袋など、釣り場でもこのようなゴミのポイ捨てが後を絶ちません。

クジラは食用というイメージは薄いかもしれませんが、人間は海に住む生物を食することが多々あります。

魚、貝、海藻などなど。

人間が「面倒くさい」という軽い気持ちでポイ捨てしたゴミは海を汚し、海に住む生態へ影響を与える事になります。

海を遊び場とする釣り人は一般人以上に水辺のゴミ問題を真剣に考えなければいけません。



8f95fe53
http://www.fimosw.com/u/0903/hhorrrrp52ot66

この写真は釣ってきたアジのお腹をさばいたら、ワームが出てきた写真。

釣り人からしたら笑い話になるかもしれないが、これがスーパーで並べられているアジだったらどうでしょか。

消費者は当然気持ちの悪い思いをして、スーパーに対して不満を感じます。

スーパーは市場に不満を感じ場合によっては取引ができなくなるかもしれません。


私達の捨てたワームが人の人生を狂わせてしまう可能性もあるかもしれないのです。


釣り場や水の中に残されたルアーやワームは釣り人が出したゴミと同じです。

先程のクジラの写真をみると人間が如何にゴミを海に捨てているかがわかると思いますが、釣り人も海にルアーやワームを残せば同じことです。

こういう記事を書くと釣り人が悪く聞こえる(見えるから)書くな。

という意見を頂くことが多々あります。

しかし、大切なことは釣り人が良く見えたり、よく思われることではなく、魚や海に住む生物が釣り人が残したワームやゴミなどで命を落としてしまう事を少しでも減らしていく事だと思っています。

漁業関係者の方達からしたら魚は立派な商品です。

商品である魚のお腹の中からワームが出てきたらそりゃ怒りが湧きます。

あなたの仕事の製品が、他人の娯楽のせいで汚されたり壊されたりしたら怒るのと同じです。

ゴミのポイ捨ては徹底してしないようにしていたけど、ルアーやワームのロストに悪気を感じていなかった人って結構いると思います。

しかし、ルアーやワームのロストは海にポイ捨てしているのと同じ。もしくはそれ以上に環境にも魚にも悪いことです。

知らなかった人達を攻める気はありません。

ただ、今この記事をお読みになられてどういった事に注意しなければいけないのか??どう対応していけばいいのか??という事を考え直すきっかけにしてもらえたら嬉しいです。

もちろん、私もしっかり考え直し対策を行います。

よいなと思った対策方などがあれば、また記事にして共有したいと思います。


『魚が海底に沈んだワームを食べてしまう』

こういった問題が実際に起きていることを、一人でも多くの釣人の方に理解して頂き、ルアーやワームのロストについて考え直して頂ければと思い記事にさせていただきました。

ご面倒かもしれませんが共感して頂けたらご自身のブログやSNSなどで、この事を取り上げて頂ければ嬉しいです。もちろん、この記事をシェアしていただいても構いません。

何十年、何百年先も釣りというレジャーが素晴らしいものであり続け、子供たちが笑顔で釣りを楽しめる、そんな未来を願って。


■Facebookにいいね




■某プロ「メルマガ
5849b559
会員数4000人突破!



アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム