フックの手入れしていますか??

針先が曲がっていてフッキングが甘くなってしまい、ランカーを逃した・・・。
こんな思いをしないように、フックの手入れは最低限しておこう。

逃した魚はデカイからね。


st46-4_no7771cp-trinity-4
https://gameangelica.wordpress.com/tag/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%88/



フックは消耗品である

まずフック(針)というのは消耗品であるという事を理解しておこう。
フックがダメになってしまう主な原因としては、海水による錆や、針先の曲がり。

そして負荷を掛けすぎてしまうと金属疲労が起きフックが曲がったり折れたりしてしまうので注意が必要。

お金に余裕がある人は定期的に新品に交換するのが手っ取り早いし確実。

今回の記事は極力お金を掛けずにランカーシーズンをどのようにしてフックと付き合っていけばいいかをまとめていきます。


ただ強いフックを使えば良いわけではない

ランカーシーズンになると、ただただフックを強くすればいいと思っている人が多いが間違い。
どんな理由があれど、一番はルアーの動きを損なわないという事が重要。

フックを純正以外のものに変更することで、重量が変わってしまうので動きやレンジが変わってしまう。これがいい方に働く場合もあるがルアーを作成する時には様々なフックを装着してテストされており、一番いい動き、一番釣れる設定をして販売される。

なのでフックを交換する時は極力、重量を大きく変えないように気をつけてあげること大切である。

太いフックと細いフック

フックは同じ番手でも「太軸」と「細軸」が存在する。

太軸の方が強く折れにくい。細軸の方が弱く折れやすい。

太軸と細軸について語りだすと朝まで掛かりそうなので割愛するが、どちらもメリット・デメリットはる。俺が推奨するのは細軸フック。

細軸を推奨する一番の理由は貫通力。

細いとシーバスの口にフックが貫通しやすくなり、しっかりとフッキングをすることができる。
細軸でもしっかりフッキングが決まればメーター超えのシーバスをパワーで寄せても曲がることは殆ど無い。

対して太軸の場合はフッキングが決まらなければパワーがあってもバラしは増えてしまう。

まずは第一関門のフッキングの質を高めるためにも、俺は細軸を好んで使っている。

太軸、細軸に関しての記事は過去にも書いた記憶が有るので、興味の有る方は探してみて下さい。


フックは真水で洗おう

フックは金属であるのでとにかく錆に弱い。

最近はコーティングされているフックが多いが、ルアーボックスで他のフックに擦れたり、水中でゴミやルアーに擦れたりしたフックはコーティングが剥がれ、そこから錆びてしまう。

なのでどんなフックでも使用したら真水で洗ってあげることで、フックの寿命を伸ばすことができる。

バケツに入れてガシャガシャ洗うのは、洗わないよりはマシだが、他のフックと擦れてしまう可能性があるので一本ずつ洗ってあげ、そこで針先の曲がりなどがないかを確認してあげるとよい。


フックを研ごう


フックの針先はとにかく尖らせておこう。
指に軽く刺してみて確認してみよう。

新品のフックと中古のフックで互いに指に当ててみると違いがよく分かる。

針先が曲がってしまうのには色々な原因があるのでここでは割愛するが、針先が曲がってしまうのを完全に防ぐことはほぼ不可能です。

針先が曲がってしまった、刺さりが悪くなってしまった場合の選択肢は2つで、ひとつは交換、そしてもう一つは研ぐ。です。

▼フックシャープナーを見る
https://search.rakuten.co.jp/search/フックシャープナー


色々なメーカーから販売されていますが、一番のオススメはオーナーのフックシャープナー。
ただ中なか手に入りにくくなっているのでゴールデンミーンのものを使ってみたのですが、こちらもなかなか良さげでした。

フックシャープナーは値段も安いので色々試してみると良いかと思います。

キーホルダータイプになっていたり、USBメモリーのようにカバーが付いていたり、様々な形があります。

fimoフック

錆びないフックとして販売されたfimoフックですが、錆びにくいのは確かだが錆びることもある。
コーティングされていてもコーティングが剥がれてしまえばどうしても錆は防げない。

実際に使ってみて感じたのは、モノ自体は悪くはないけどコスパは良くないなと。

カルティバST-46を安く仕入れて、定期的に交換したほうがいいなと。


まとめ


逃した魚は大きい。
ばらした時の言い訳は後からいくらでも思いついてしまうもの。

バラした言い訳を考えるより、出来ることをして確実にキャッチしたほうが楽しいし気分もいいですよ。

シーバス釣りが一番楽しくなるシーズン。全力で楽しんでいきましょー!





■Facebookにいいね




■某プロ「メルマガ
5849b559
会員数4000人突破!


アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム