最近いい天気が続いて気持ちがいいですね。

しかし遠くの空を見ると、
空全体が白くモヤモヤしてるのわかります?

このモヤモヤの正体は花粉とPM2.5だそうです。

暖かい風が吹くと同時に、
中国方面からPM2.5が日本に来るそう。

釣りをする時、外で作業をする人は勿論、
通勤などで外に出る人も注意したいですね。

私は運がよく花粉症ではないのですが、
このPM2.5が気になってしまうんですよね。

花粉症のように症状はすぐに出ませんが、
百害あって一利無しです。

PM2.5がまねく健康被害

引用すると、

鼻から吸い込まれた空気中の微小粒子は10μm以上であれば、気管支や肺に到達することはありませんが、PM2.5は10μm以下のため奥まで侵入しやすく、呼吸器系や循環器系への影響が心配されています。

世界保健機関(WHO)でもPM2.5を含む大気汚染物質の発がんリスクを、5段階ある危険度のうち、最上位に分類。さらに、大気汚染が原因の肺がんで2010年には全世界で22万3000人が死亡したとのデータを示すなど、警鐘を鳴らしています。
「PM2.5」が人間のからだに及ぼす健康被害には以下のものがあります。

鼻水や目のかゆみなどのアレルギー
目や鼻の粘膜にPM2.5に含まれるディーゼル粒子などの有害物質が付着し、炎症が起きます。さらに、花粉などのアレルゲン物質も入り込むと、その症状は悪化する可能性も。

気管支炎やぜんそくなどの呼吸器系疾患
PM2.5は肺や気管支に付着しやすく、四日市ぜんそくなどの公害病と同じくディーゼル粒子を含むため炎症を起こし、気道が狭窄することで気管支炎やぜんそくの悪化につながってしまいます。

心筋梗塞などの心疾患
肺胞に入り込んだPM2.5が血流に乗り、他の臓器に到達してしまう可能性も。PM2.5に含まれる有害物質には血の凝固を促す働きがあり、心筋梗塞などの心疾患の発症も危惧されています。

皮膚疾患
PM2.5は粒子が細かいため、しっかり洗い流さないと皮膚に沈着してしまい、毛穴に炎症を起こしてしまいます。そのため、じんましんや肌荒れの原因になります。

肺がん
PM2.5の主成分の1つである硫酸塩などが化学反応を起こし、アスベストと同じ最高レベルの発がん性物質に変化。それを吸い込むと、肺が炎症を起こし、肺がん発症のリスクが高まってしまいます。

とのことなので、
極力吸い込まないようにしたいものです。

で、最近すごく活躍してるのがコレ。

イハダアレルスクリーン

外出する前に顔にスプレーをするだけで、
花粉やPM2.5をブロックしてくれる優れもの。

_SL1280_


_SL1000_


かなり話題になってて薬局では
売り切れが続出しているとかしてないとか。

超オススメなので是非お試しあれ。

イハダアレルスクリーン


PS.
世の中はドンドン便利で快適になっていきますね。
今の10代の子たちの時は寿命100歳になってるそうです。

このスプレーが凄くいい例。
薬局で見つけたらゲットしてくださいね。



▼いいね!よろしくお願いします。



▼公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40ajk9842h

LINE

お友達7000人突破!価値のある情報をお届けできるよう頑張っていきます。
過去ネタはタイムラインからご確認ください。
お問い合わせ&メッセージもLINEからお願いします。



▼公式メールマガジン
http://boupro.jp/lp/

LINE

購読者4000人突破!釣り人が豊かになり釣り業界が活性化するように
私のノウハウを包み隠さず公開中!



▼公式メールマガジン
https://canyon-ex.jp/fx19299/xxzHAi

LINE

購読者7000人突破!隠れファンの多いコンテンツです
人生を賢く生きるための成功マインド&成功法則を毎日配信!

https://canyon-ex.jp/fx19299/xxzHAi




アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム