151028beingpoor1-w960


貧乏な人の共通点を見つけたので、
今日はその内容を共有しようと思います。

それは何かと言うと、
「お金の管理をしない(または下手)」
ということです。


・今月いくらお金が入ってくるのか
・今月いくらお金を支払う必要があるのか
・預金残高がいくらあるのか
・お金以外の資産がいくら相当あるのか
・借金やローンはいくらあるのか
・総資産はいくらなのか
・自分の資産は右肩上がり増えているのか

などといった事を回答できない人は、
お金の管理ができていないという事です。


お金の管理がしっかり出来ている人は、
たとえ年収500万円のサラリーマンでも、
お金を有意義に使い、資産を右肩上がりで
増やしていくことが可能になります。

一方お金の管理ができていない人は、
年収が2000万円の社長でも、
あればあるだけ使ってしまったり、
資産形成ができないのでお金は貯まりません。

日本ってそもそもお金の事を、
学校では教えないのですが、
これは国家の戦略でもあるわけです。


日本国民の大半はサラリーマンになって、
お金の管理を会社が全部やってくれます。

そのため、多くの人は、
お金の管理能力が低くお金が貯まらず、
労力を搾取されつづけていくのです。

ある日ふと起業したりしても、
お金の管理なんてしたことがないので、
ビジネスが回らず破綻したりするのです。

飲食店は特にこの傾向が強く、
破綻寸前になると賞味期限切れの物を使ったり
ボッタクリなどに走って破滅するケースを
リアルな知人で何人も見てきました。


つまり、なにが言いたいかと言うと、
サラリーマンにしろ起業するにしろ、

お金の管理能力というのは
とても大事だということです。

そして、
このお金の管理能力を高める方法は、
日々管理する習慣をつけるしかありません。

お金の管理能力を上げるために
やるべきことは下記4つだけです。

(1)現状を把握する
(2)収入を把握する
(3)支出を把握する
(4)改善する

『しっかり現状と収支を把握して、
 それを見直し改善していく』

たったこれだけです。

当たり前すぎるのですが、
これらができていないどんぶり勘定な
サラリーマンや経営者も多くいます。

この様な状態だといずれ
多くの場合はいずれ自転車操業になるので、

どんなに儲かっていても
傾きに気付くのが遅れて痛い目を見ます。
(気付いたときには危機的状況)

そうならないためにも、
しっかりお金の管理を習慣化し、
管理能力を高めていくことをオススメします。

(1)現状を把握する
(2)収入を把握する
(3)支出を把握する
(4)改善する

お金を管理する習慣を身につけてください。

管理が上手になれば、
お金は自然と増えていくはずです。

アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム